マクロの記録機能を使ってみる

| |
机の上に置かれた写真

Excelには作業を記録し、自動でプログラム化してくれる機能が備わっています。

プログラミングせずに作業を効率化でき、簡単に機能を実装できます。

記録したマクロはVBE(Visual Basic Editor)で中身を覗けるので「あれはどう記述してたかな?」という場合の確認にも利用できます。

// [adsense]

マクロの記録の使い方

リボンの「開発タブ」から「マクロの記録」をクリックします。

マクロの記録の使い方

 

マクロ名を入力、必要であれば他の項目を設定します。

ショートカットキーの項目を設定すると、そのキーでマクロを起動することができます。

OKを押すとマクロの記録が開始されます。

マクロの記録の使い方2

 

試しに下記の流れで作業を記録してみます。

  1. 列Aを選択してセルを青色に塗りつぶす
  2. 列Aをコピー
  3. 列Aの左側にコピーした列を挿入

最後にリボンの「開発」タブから「記録の終了」をクリックします。

マクロの記録の使い方3

 

記録したマクロの実行方法

マクロの記録でショートカットキーを設定した場合はそれで実行できます。

設定していない場合は「開発」タブから「マクロ」を開きます。

作成されたマクロから実行したいマクロを選んで「実行」を押せばOKです。

マクロの記録の使い方4

 

VBEを開いてマクロの中身を閲覧

マクロはVBAと呼ばれる言語で作成されたプログラムです。

*VBA…Visual Basic for Applications

作成したプログラムの中身は閲覧・編集できます。

「開発」タブから「マクロ」を開き、「編集」を押します。

マクロの記録の使い方5

 

VBEが起動し、下記のようにプログラムが記述されていることが確認できます。

マクロの記録の使い方6

まとめ

マクロの記録は素人から玄人まで幅広い層が使用する便利機能です。

これだけでも多くの作業を効率化できるので積極的に使っていきましょう。

[adsense]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*


TOP